English Version







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソメワケササクレヤモリ 飼育方法

P1000659.jpg P1000658.jpg

【 飼育方法 】


飼育ケース : 爬虫類、熱帯魚用、昆虫用ガラスケース、プラスティックケース、引き出し式衣装ケースなど
飼育ケースのサイズ : 縦 30~45cmx横 25~35cmx高さ 15cm 位(フタ付きの場合)
保温器具 : 爬虫類用赤外線保温電球、ナイトランプ、フィルムヒーターなど
給水器 : 爬虫類用給水器、タッパーウエア小サイズなど
床材 : 爬虫類用サンド、赤玉土、川砂など
隠れ家の設置 : 爬虫類用シェルター、タッパーウエアなど
適正飼育温度 : 28~32℃
適正飼育湿度 : 60~80%
エサの種類 : ヨーロッパイエコオロギ、フタホシコオロギ、ピンクマウス、ミルワーム、ハニーワームなど

P1000508.jpg P1000505.jpg

【 疾病の種類と予防方法 】


病名 : クル病
( カルシウム不足が原因で、手足、背骨、腰骨などが変形してしまう。)
対処法 : エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 脱皮不全
( 上手く脱皮が出来ず、体に皮が残ってしまう。)
対処法 :湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。 エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 :指飛び
(湿度不足により脱皮が上手く出来ず、指が飛んでしまう。)
対処法:湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足の指が無くなってしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 拒食症
( エサを食べなくなる。食べても吐き戻す。興味を示さない。)
対処法 : 主に秋、冬に多く発生しますので、秋が来る前の早めの保温が好ましいです。発生した場合、温度、湿度ともに高めに設定し、給餌の回数、量を少なめにし、無理やり食べさせないようにして下さい。あまり体重に変化がない場合は、あまり心配せず、気長に飼育することをお勧めします。 体重があまりにも減ってきた場合は、エサをハニーワームにすると効果的です。


病名 : クリプトスポリジウム感染症
( クリプトスポリジウムという寄生虫が体内に入り込み、体力を消耗させ、嘔吐や下痢を繰り返すなどし、見る見る痩せ細る。)
対処法 : 数年前に騒がれた感染症ですが、最近はほとんど聞かなくなりました。もし、疑わしい個体が見つかったら必ず隔離し、素手で触ったりしないようにして下さい。その後、爬虫類を診察できる動物病院で診察して貰うことをお勧め致します。また、人には伝染しないようですが、生体を触った後は必ず手の洗浄をして下さい。

P1000657.jpg 




スポンサーサイト
[ 2009/02/19 01:57 ] 飼育方法 | TB(0) | CM(4)

ニシアフリカトカゲモドキ 飼育方法

P1000473.jpg P1000477.jpg

【 飼育方法 】


飼育ケース : 爬虫類、熱帯魚用、昆虫用ガラスケース、プラスティックケース、引き出し式衣装ケースなど
飼育ケースのサイズ : 縦 30~45cmx横 25~35cmx高さ 15cm 位(フタ付きの場合)
保温器具 : 爬虫類用赤外線保温電球、ナイトランプ、フィルムヒーターなど
給水器 : 爬虫類用給水器、タッパーウエア小サイズなど
床材 : 爬虫類用サンド、赤玉土、川砂など
隠れ家の設置 : 爬虫類用シェルター、タッパーウエアなど
適正飼育温度 : 28~32℃
適正飼育湿度 : 60~80%
エサの種類 : ヨーロッパイエコオロギ、フタホシコオロギ、ピンクマウス、ミルワーム、ハニーワームなど

P1000508.jpg P1000505.jpg



【 疾病の種類と予防方法 】


病名 : クル病
( カルシウム不足が原因で、手足、背骨、腰骨などが変形してしまう。)
対処法 : エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 脱皮不全
( 上手く脱皮が出来ず、体に皮が残ってしまう。)
対処法 :湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。 エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 :指飛び
(湿度不足により脱皮が上手く出来ず、指が飛んでしまう。)
対処法:湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足の指が無くなってしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 拒食症
( エサを食べなくなる。食べても吐き戻す。興味を示さない。)
対処法 : 主に秋、冬に多く発生しますので、秋が来る前の早めの保温が好ましいです。発生した場合、温度、湿度ともに高めに設定し、給餌の回数、量を少なめにし、無理やり食べさせないようにして下さい。あまり体重に変化がない場合は、あまり心配せず、気長に飼育することをお勧めします。 体重があまりにも減ってきた場合は、エサをハニーワームにすると効果的です。


病名 : クリプトスポリジウム感染症
( クリプトスポリジウムという寄生虫が体内に入り込み、体力を消耗させ、嘔吐や下痢を繰り返すなどし、見る見る痩せ細る。)
対処法 : 数年前に騒がれた感染症ですが、最近はほとんど聞かなくなりました。もし、疑わしい個体が見つかったら必ず隔離し、素手で触ったりしないようにして下さい。その後、爬虫類を診察できる動物病院で診察して貰うことをお勧め致します。また、人には伝染しないようですが、生体を触った後は必ず手の洗浄をして下さい。

P1000583.jpg P1000548.jpg

[ 2009/02/19 01:52 ] 飼育方法 | TB(0) | CM(0)

ヒョウモントカゲモドキ 飼育方法

P1000410.jpg P1000365.jpg


【 飼育方法 】


飼育ケース : 爬虫類、熱帯魚用、昆虫用ガラスケース、プラスティックケース、引き出し式衣装ケースなど
飼育ケースのサイズ : 縦 30~45cmx横 25~35cmx高さ 15cm 位(フタ付きの場合)
保温器具 : 爬虫類用赤外線保温電球、ナイトランプ、フィルムヒーターなど
給水器 : 爬虫類用給水器、タッパーウエア小サイズなど
床材 : 爬虫類用サンド、赤玉土、川砂など
隠れ家の設置 : 爬虫類用シェルター、タッパーウエアなど
適正飼育温度 : 28~32℃
適正飼育湿度 : 60~80%
エサの種類 : ヨーロッパイエコオロギ、フタホシコオロギ、ピンクマウス、ミルワーム、ハニーワームなど

P1000508.jpg P1000505.jpg

【 疾病の種類と予防方法 】


病名 : クル病
( カルシウム不足が原因で、手足、背骨、腰骨などが変形してしまう。)
対処法 : エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 脱皮不全
( 上手く脱皮が出来ず、体に皮が残ってしまう。)
対処法 :湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。 エサにカルシウムを添加し給餌する。また、直接摂取できるように小皿などにカルシウムを入れ常設する。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足が変形してしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 :指飛び
(湿度不足により脱皮が上手く出来ず、指が飛んでしまう。)
対処法:湿度を50%以下にしない。脱皮の前兆(身体が白くなる)が見られたら霧吹きをするなどして湿度を高める。栄養不足による場合が多い為、痩せすぎに注意が必要。また脱皮不全を繰り返すと致命傷にもなりかねないので、見付けた場合は生体をぬるま湯に浸し、皮が柔らかくなったところで、噛まれないように注意して指やピンセットを使用したりしてゆっくり剥がしてみて下さい。もし、手足の指が無くなってしまったら、元に戻ることはないですが、遺伝性はない為、繁殖は出来ますので、大切に育てて上げて下さい。


病名 : 拒食症
( エサを食べなくなる。食べても吐き戻す。興味を示さない。)
対処法 : 主に秋、冬に多く発生しますので、秋が来る前の早めの保温が好ましいです。発生した場合、温度、湿度ともに高めに設定し、給餌の回数、量を少なめにし、無理やり食べさせないようにして下さい。あまり体重に変化がない場合は、あまり心配せず、気長に飼育することをお勧めします。 体重があまりにも減ってきた場合は、エサをハニーワームにすると効果的です。


病名 : クリプトスポリジウム感染症
( クリプトスポリジウムという寄生虫が体内に入り込み、体力を消耗させ、嘔吐や下痢を繰り返すなどし、見る見る痩せ細る。)
対処法 : 数年前に騒がれた感染症ですが、最近はほとんど聞かなくなりました。もし、疑わしい個体が見つかったら必ず隔離し、素手で触ったりしないようにして下さい。その後、爬虫類を診察できる動物病院で診察して貰うことをお勧め致します。また、人には伝染しないようですが、生体を触った後は必ず手の洗浄をして下さい。

P1000390.jpg P1000334.jpg

[ 2009/02/19 01:35 ] 飼育方法 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。