fc2ブログ
English Version







卵と蛋

昔、中華料理店でアルバイトしてた時に面白い話を教えてもらいました。

日本では「たまご」と言えば「卵」という字を使います。

中国では「たまご」という字は「蛋」と表すのが一般的だそうです。

中国では鶏のたまごであれば「鶏卵」ではなく「鶏蛋」(ジータン)。

アヒルの卵であれば「鴨蛋」(ヤァタン)と呼びます。

たまご料理で言えばオムライスは「蛋包飯」(タンパオファン)。

だし巻き卵は「蛋巻」(タンジュアン)。

タマゴチャーハンは「蛋炒飯」(ダンチャオファン)と呼びます。

中国語でも「卵=ルァン」という字には「たまご」という意味はありますが、これは鳥の卵だけでなく魚や昆虫などのたまごも含む広い意味でのたまごを指す字みたいです。

鳥のたまごだけを指す場合には「蛋=タン」という字を使います。

鶏卵やたまご料理で「卵」ではなく「蛋」という字が使われるのは上のような理由があるからだとか。

ちなみに、中国では「卵」という字を料理名で使用する場合には「睾丸」の料理を指すことがあります。

中華料理の中国語のメニューをみて「卵」という字を見てたまご料理だと思って注文したら睾丸料理が出てきたケースもあるそうです(笑)


随分脱線しましたがここから本題です。

現在、保管中のレオパの卵です。

両方同じ親から採れた卵です。

右はピンク色していて有精卵、左の卵は血管らしきものも見受けられない無精卵。

P1000144.jpg

有精卵の画像

P1000142.jpg

無精卵の画像

P1000143.jpg

もうすぐ孵化しそうな卵達。

P1000145.jpg

プリンカップをひっくり返した時に上下がわからなくなった卵の画像( ̄□ ̄;)ガーン

色が薄黒くなってしまい中身が生きているかも不明…。

P1000146.jpg

無事に孵化してくれるといいなぁ~(゜_゜)

スポンサーサイト



[ 2009/07/08 21:42 ] ヒョウモントカゲモドキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kadomatsu714.blog24.fc2.com/tb.php/279-37e096cb